人間不信の毒!

Aさんは親の離婚騒動の中で深く傷つき、20代のはじめから

37歳の今になるまで、母親との共依存の中で引きこもりました。

しかしあることから、十数年絶縁していた父親と再会し、

やっと父親に対する疑心暗鬼から抜け出そうとしました。

ところが、Aさんの母親は、彼女と父親との再会に対して、

父親が自分の老後の介護をAさんにさせようと

もくろんでいるのだろう、と言い、

せっかくのその再会に

毒を投げ入れました。

勿論私はそれに対して激怒しましたよ。

なぜなら、Aさんはどういう訳か、

自分に温かい親切や温情をくれた人に対しても、

自分にささやかな愛情を注いでくれたことにも

●鈍感でそれを感じることができず、

また●感謝することもできず、

逆に、それには裏があるのでがないか、という疑いを持つのです。

そういうニヒルな自分に自信をもち、

カッコイイと思い込んでいる節があります。

その原因の一つに

Aさんと母親の共依存生活は常にこういう 濁りが漂う空間であるということ。

さにそれが常態化する生活の中で、

大なり小なりの母親の毒がAさんの無意識に浸透していっていると、

私は思います。

Aさんはもうすぐ40歳になります。

40歳になるとは、自我システムの硬直化が進んでしまう年齢です。

私はなんとかAさんを母親の澱んだ世界から救い出したいと思うのですが

もうぎりぎりのラインです。

人間や他者に対する憎しみ、疑心暗鬼、そして過剰な警戒心がある人は、

決して幸せにはなれません。

また、残念なことに、

脳は年齢が進むと、彼女のそういう世界を強化していくでしょう。

結果的には、他者を憎み、警戒し、常に疑心暗鬼と被害妄想が

その人間を蝕んでいきます。

ただ救いは、Aさんの中には、一筋の素直さがあることです。

今、Aさんが母親のその毒世界と決別し、しっかりと自立し、

自分を健康で、まともな人間へと、作り直す最後のチャンスかもしれません。

頑張って自分の甘えや毒とたたかって、

清新な人間へと生まれ変って欲しいです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

作家。映画プロデューサー
書籍
「原色の女: もうひとつの『智恵子抄』」
「拝啓 宮澤賢治さま: 不安の中のあなたへ」
映画
「どこかに美しい村はないか~幻想の村遠野・児玉房子ガラス絵の世界より~」

コメント

コメントする

目次
閉じる