人間不信の毒から脱出して、幸福をさがす!

Aさんの不幸は、親をはじめ、周囲には、

物事を否定的に考え、常に他人を疑い、その裏を詮索する、という

そういう人間ばかりに囲まれていたことです。

残念ながら、そういう人間は同じ種類の人間ばかり

惹きつけてしまう。

だからこそ、Aさんは、人間はみなそうであるという

強迫観念を育ててしまった。

そもそも親の離婚そのものも、そういう人間が引き起こした結果であり、

そこからいかに脱出するかが問われていたにも関わらず、

Aさんは親との共依存の中で引きこもり、

ずるずると親のすねをかじる生活を続けた。しかし

それを続ける限り、どこにも出口はない。

強固に観念化した人間不信、他者への疑心暗鬼、そして

親との共依存の中で甘やかされ続けてきたAさんを、いかに

そこから引っ張り出し、社会へと適応させ、自立と自活の道へと導くか。

不幸になる人間はすべて、こういう人間関係の中にいる。

そして残念なことに、そういう人間ではない、人間に出会わない限り、

そこのうずくまって、埋もれて人生を送るしかない。

さらに脳はそういうAさんの思いこみを強化し、さらにそれが

脳の中の固定観念へと硬直していきます。

世の中には、もう様々な人間がいる。

中にはネガティヴな人間もいるし、思う込みの激しい人間もいるし、

根性のねじれた人間もいる。しかし

一方では清々しい精神の人間も、素直でやわらかい素敵な心の人間も

更には歳をとり成熟した人間もいる。

そういう大きくて広い人間の海へこそ船出し、

自分にふさわしい友を探し、お手本になる師を探し、

いかに自分の心を開き、磨き、そして学び、

幸福を求めて生きること。

つまり幸福の種こそは、自分の中にあるってことですね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

作家。映画プロデューサー
書籍
「原色の女: もうひとつの『智恵子抄』」
「拝啓 宮澤賢治さま: 不安の中のあなたへ」
映画
「どこかに美しい村はないか~幻想の村遠野・児玉房子ガラス絵の世界より~」

コメント

コメントする

目次
閉じる