MENU

親愛なるAさんへ,その2脳が作りだす幻想とは・・・?

前回は、人間は自分の脳の情報というフィルターを通してしか、

他者も社会もみることができないと書きました。

今回は、

世の中とは,脳が作り出す幻想であることを書きます。

人間が誕生したときの脳は、遺伝子で作られたその原型があります。

そして誕生後、だいたい10歳くらいで脳のデフォルトが出来上がると

言われています。

まあ、そこでその人の性格の原形とか外的世界に対する反応の体系が

できあがってしまうのですね。

そこから先は体験しては学び、経験しては学び、

まなんでは考え、

その原形の生き方を少しづつ修正しながら、

社会へ適応できる自分を作っていきます。

だから20代ではまだまだ赤ん坊に毛が生えたくらいの経験値であり、

30代40代もまだまだ,失礼ながら若造の領域です・・・苦笑!

しかし困った事に

たいがいの人は、もう自分ができあがっているかのような

勘違いをしてしまいます…トホホ!

このことが実は問題なのです。

私などの年寄りから見ると、欠陥だらけなのですが、

もう完璧であるかのような錯覚に陥る。しかし

人生は終わるまで

試行錯誤と学習との連続なのですね。

つまり人間は初めから遺伝子の在り様の中に自分の存在があり、

10歳でできあがったそこから先は、現実との格闘なのです。

それまで脳が獲得したデーターに基づいて、

現状や相手のことを仮想したり、シュミレーションしたりして、

適応するのですが、それはあくまでも、仮想なのであり、

殆どの人は皆失敗し、さまようのです。

社会も他者の世界も、

自分が思い描いているものとは、大きな落差があるのです。

それでも、

自分の脳の思いこみデーターを使いまわして

無意識で、たぶん~だろう、もしかしたら~かもしれない、という

他者や社会を推理類推する仮想現実を常に作り出しながら、

適応しようとします。

つまり、此の世とは、

人間が推理、類推し、シュミレーションの

仮想と仮想が織りなして作り上げているのです。

それが世間という現象です。

そしてもっと困ったことに

たいがいの人間は、自分のコンプレックスや心の闇や

ネガティブな感情を偽装して表面を繕いながら

仮面で生きようとします。

本当の本心は無意識の中にあります。しかし表面の意識は、

そういう自分ではなく、理想の自分を仮想し、

その仮想した自分で生きようとするのです。

つまり人間は無意識に仮面をかぶってしまうのです。

ちょっと自分のことで具体的に分析してほしいのですが、

恐らく皆さんは、

自分の事はよくわからないが、

他人のことなら、その長所も欠点もが良く見えるでしょ。

特に短所については、

この人はここを~のように直せばいいのになあ~、ということが

よくあるでしょ。

つまり他人の姿は客観的によく見えるが、

自分の姿は、

主観がのさばり、なかなか客観的には見えないし、

自覚がないのです。なぜなら

主観の意識はたいがい偽装した自分を生きようとするからです。

ここにも脳のトリックがあるのですが、それは後ほど書きます。

結論からいうと、人間は無意識領域で認識していることを

逆転させて自分を演出、脚色して生きようとします。

世の中とは、そういう本当のことが逆転して起きている

現象なのです。

なぜ、そうなるか、というと、

ここが大事で大切なのですが、

人間は、ほとんどの人が理想的な

●善良な自分で在りたいと

思っているからです。

そして、ほんとうにほとんどの人々が善良なのですよ。

しかしそれはそれとして踏まえた上で、

もっと厳しく、人間を裸にして述べると。

例えば、無意識領域で、自分をバカだとに思っている人ほど、

現実空間では偉そうにし、自分ではバカではないとアピールします。

反対に自分を知り、自分が大した人間ではないと思っている人ほど

謙虚で慎み深く、振舞います。

また、極端に現実を警戒して怖れ、人間不信に陥ったひとは 、

自分を抑圧して自分の本心をを殺し、

傍観者や従属者になってしまいます。

世の中とはそういう幻想や仮想が、

逆さまに現れ得る現象なのです。

自分に価値を置いていない人間ほど、上昇志向をします。

無能な人間ほど権力志向します。

能力が高い人は、次々と自己実現して満たされますから

権力など欲さないのです。

自己認知をしていない人間ほど、

自己顕示し、

人間を信じていない人間ほど、他者を忖度します。

世の中とは、こういう逆転現象が現れてしまうのです。

さらに困ったことには、

他者のその仮想(仮面)をそのまま信じてしまう人たちも

わんさかいます。

特に世間ではそういう人間を祭り上げ、崇拝する人が群れており、

しかし、それは依存する人々の群れであり、

自立していませんから、

その仮想=幻想が剥がれたら、もう足蹴にして攻撃します。

今太閤と謳われた田中角栄さんなんか、まさにその典型のようでしたね。

残念ながら、世の中が豊かになり、文明が進むにつれ、

生きることの厳しさが緩み、

辛抱したり、我慢する大衆ではなく

自立、独立するより、

●依存する大衆を産みだしてしまったのです。

それは世の中のこと=政治や経済の世界だけではなく、

個々人の自分の友人や恋愛相手や夫婦の間でも、

人間は自分のことを棚に上げて

相手を幻想化してしまうのです。

現実の厳しさを、突き付けられない社会は

自分を理想化して、自己幻想の自分をあたかも、

本当の自分のであるかのように思い込む人々を

沢山生み出したしまいました。

そういう仮想や幻想が縦横に錯綜し、闊歩するのが

人間の現実世界=世の中なのです。残念念ですが・・・ね。

では、

そういう現実=幻想世界を、どのように生きたらいいか。

このシリーズ1で、他者との関係で悩むことは不毛のことである、と

書きましたが、まずは、他者への依存や期待や幻想から

●冷める(醒める)ことですね。

たいがいの人は、自分のことが分からないまま

相手を類推、分析したり、シュミレーションしたりして悩みますが、

すべての事は、

●自分というフィルターと通してしか見えない。

それが人間の真実です。だからこそ、

それで悩むよりも、

●自分はどう生きたいかを、悩んでください。

自分とはどういう人間で、人生の中で何をしたいのかを

悩んでください。そして

自分の生き方を決めるのです。

もし、その他者との関係が必要なければ、さっさと捨てること。

もしそれが職場などで、関わらないわけにはいかない場合は、

●仕事としてかかわるのみであり、

●仕事は真剣に一生けんめい頑張るが、

社交やその他のことは必要最小限のことに絞って

なるべくかかわらない。

他者と自分をしっかり線引きして顔色を伺わない。

忖度しない。

「私は私」という強い意志を持って

それをちゃんと行動で示すこと。

中途半端な忖度人間に、ならないことです。

反対に

良い仕事をするため、結果をだすために、

仕事では

●大いに悩んでください。

さらに

パワハラ、セクハラする人間は、相手の弱いところを見透かして

そこに付け込んできます。だからこそ

●無駄にいい人のふりをしないことです。

脇が甘くない、凛とした筋の通った、強い人でいてください。

善い事と悪いことの筋をしっかり線引きして生きること。

そういう信念が体から溢れている人間には、恐ろしくて

パワハラもセクハラも、できないはずです。

そして生きる上でもし極意があるとしたらそれは、

●「悩まない」ということです。

悩むことなんかも捨ててしまう。

これが出来たらもう免許皆伝、いう事はありません・・・笑!

いつもアッケらかんとしていて

楽天的に運を天に任せて、のほほん、のほほんこそ

最上の人間関係であり、生き方だと、私は思います。

恋愛においても、

自分を悩ます相手は、

あなたにふさわしい相手ではない、と

いう事です。

人間は常に仮想現実を生きるしかない。

真実の自分をそのままさらけ出して生きている人、或いは生きれる人は、

ほんの僅かです。それは相当の知の達人です。

しかし、それが出来なくても、自分に起きることをそのまま受け入れ、

ダメだったら修正すればいいのです。

つまり、自分の脳が思い込んでいることが、

ほんとうにそうであるかないかは

体験、経験してみなければ分からないのです。

生きて見なければ分からないのです。

生きながら、自分で自分を幸せにするために、

自分の脳のデーター世界を変えていくのですね。

人生は長い、しかし短いかもしれませんが・・・。

ただそれも

生きて見なければ、本当のことは何一つ分からない、ということです。

今回、私は悩むなと書きましたが、しかし矛盾するようですが、

悩むことは悪いことではないです。

次回は何に悩むか、そして

悩んだ後、どうするかを、

書きます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

作家。映画プロデューサー
書籍
「原色の女: もうひとつの『智恵子抄』」
「拝啓 宮澤賢治さま: 不安の中のあなたへ」
映画
「どこかに美しい村はないか~幻想の村遠野・児玉房子ガラス絵の世界より~」

コメント

コメントする

目次
閉じる