◆作家の眼、その2,全部見る、逃さない・・高村智恵子!

私の最初の作品である高村智恵子について、

彼女に関することを

あらいざらい調べていくと、

そこには定型的な人間像をはるかにしのぐ

智恵子という人間が立体的に現れてきた。

その智恵子は、光太郎の幻想を逸脱して、

ユニークなナルシストであり、

しかしどこかいびつで

そのいびつさが美しさにもなり、力づよさにもなり、

智恵子は光太郎の凡庸さをはるかに超えていたと、

私は思う。

さらに発病してからの智恵子は、

素晴らしく行動的でダイナミックである。

光太郎に閉じ込められた家の雨戸をけ破り外に出て、

隣家の垣根を超え、木によじ登り、そこから威嚇し、

はてには家の前に仁王立ちになり、

通行人に「東京市民よ・・・・」と演説を始めた。

彼女の内部に封印されていたエネルギーが一機に噴出し、

観念から解き放たれた時、

人間とはかくもエネルギッシュであるかと
驚愕するしかない彼女が現れる。

そしていよいよ彼女の中がカタルシスされた時、

あの美しい紙絵の世界が現れてきた。

そこには詩情が溢れ、

力強さと共にやさしさや女らしい奥ゆかしさが

美しい色彩とフォルムの紙絵になり、

彼女の原形が少女のように出現してきた。

作家の眼は、幻想を書くのではない、と私は考えている。

人間とは何か。

人間のうわっつらの表皮をはぎとり、その人間の内部を凝視し、

隈なく見透かし、見渡した時、

そこには、おそれおののき蹲る、ちいさな存在が見えてくる。

しかし、しかしである、その内部には

宝物のような生命力があり、エネルギーがあり、

懸命に生きているひたむきさがあり、

それが素晴らしいのである。

誰もかかなかった智恵子、そして賢治、そして一葉は

誠に人間らしい、人間臭い。

その光と陰の全てがもがきあがき、錯綜し、躍動し、

常識の観念を逸脱し、その人間の寂静(純粋な境地)へと

結実した時、

人々は感嘆し、共感し、感動し、彼らの生の息吹きを受け取る。

それが凄いのである。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

作家。映画プロデューサー
書籍
「原色の女: もうひとつの『智恵子抄』」
「拝啓 宮澤賢治さま: 不安の中のあなたへ」
映画
「どこかに美しい村はないか~幻想の村遠野・児玉房子ガラス絵の世界より~」

コメント

コメントする

目次
閉じる