MENU

菅田君の義経で、始めて私は、義経を人間として、尊敬し、そして悼む。そういう生き方しかできなかった義経を悼む。

可愛そうだったな~、義経。

ほんとうに無垢だったんだね~・・・。

戦の中では神がかりのようにキラキラと輝き

政治的にはまるで子供だったと、

司馬遼太郎さんも永井路子さんも書いておられる。

ただただ、兄頼朝に認められたく、褒められたい義経しか

そこにいなかった。

今回の三谷幸喜の脚本は今までとは違い、英雄伝ではない

頼朝、義経を描いていて大変興味深い。

そしてなぜ義経を演じるのは菅田将暉君なのかは、

菅田君のあの勘の良さと軽快さはまさに義経そのものであるね。

自害する前に弁慶の戦いぶりを笑ってみている義経の胸中に

何が流れていたのかは、

言葉にはならないけれど、伝わった。

以前平泉に行き、義経自害の地で、芭蕉の句碑を見た。

眼下にはゆったりと川が流れ、その向こうには広々とした

東北の平野があった。

爽やかに風が吹き、草が揺れるそこは、

まるで、何もなかったかも様に、黙り込んだ風景であった。

頼朝という稀代の政治家と後白河法皇というバケモノ権力者に

翻弄された小さな魂が、

笑いながら死んでいったとしたら、

義経はその自分をしっかりと抱きしめて死んでいったと

わたしは思いたい。

菅田君の義経で、始めて私は、義経を人間として、尊敬し、

そして悼む。

そういう生き方しかできなかった義経を悼む。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

作家。映画プロデューサー
書籍
「原色の女: もうひとつの『智恵子抄』」
「拝啓 宮澤賢治さま: 不安の中のあなたへ」
映画
「どこかに美しい村はないか~幻想の村遠野・児玉房子ガラス絵の世界より~」

コメント

コメントする

目次
閉じる