MENU

これからの時代は、科学と哲学を止揚する時代!

私は、保守とか革新とか左翼とか右翼いう分け方も、また、

資本主義社会とか、共産主義社会とかいう、

●社会をイズム(主義)で分けた分けかたも、あまり良いとは思わない。

それに資本主義も共産主義も、どちらもが200年以上も前に生まれた思想とシステムであり、

もう、古過ぎるし、 

そのどちらも、その限界が見えた。 

ただ、どちらにも優れた点があった。

資本主義の、

自由が保障されている事と

共産主義の、

利益の平等な分配とが、

上手いこと止揚されるといいなあと思うが、そうはいかなかった。

そして今の私は、少なくともイズムではなく、 

常に人間と世界全体をゼロ視点で

捉えたいと考えている。

ゼロ視点とは、

視界のなかに、全てをいれる、

或いは、相対化するという事である。

これからは全てを相対化する

科学と哲学の視点から

人間を見なければいけない時代に入ったと、

考えています。

いよいよ、そういう時代に入ったと

思いますよ。

   ○○○

情報社会もネット社会も、真偽が混濁しており、

ここにも幻想と思い込みの

●蜃気楼的な危うさがあります。

つまり、ネット社会も、これまで同様に、所詮は、

●共同幻想の枠の中をウロウロしているに過ぎない事が、

最近よく見えて来ました。

それよりも注意しなければならないのは、  

高度テクノロジー社会の現実です。

ジワジワとよせくるAI社会では、  

脳の衰退(日本人の知能の低下)と、

それによる、

脳の知能による階級的分化が、 

起きるのではないか言う懸念です。

それに対処するには、

個々の人間の

●科学的知見と、

●哲学的思想の構築が

必携だと私は思う。    

※もし、もう少し科学的な知見が国民の中に広く浸透していれば、

統一教会などに騙されないと思います。

脳科学から見たら、天国も地獄も、人間の脳の妄想だからね。

今は民衆には、

難しく思えるかもしれないが、

やがて社会の裾野にまで、

科学的知見が広がって欲しい。

また、

人間は常に、

脳の本能の脳の旧皮質と、

理性の脳の新皮質との攻めぎ合いの中を生きており、

人生を多岐多様に経験する中で、

旧皮質と新皮質とが、統合され、

脳が成熟していきます。

ところが、高度テクノロジー社会では、人間の経験値が阻害された場合、

考える、という、

人間が人間たる前頭葉の機能が

退行するかもしれません。

悶々と悩み、あがき、

ぐるぐる想念が頭が堂々巡りをしながらも、

出口や答えを考察する、という

脳にとっても極めて大切なプロセスを、

高度テクノロジーの社会では、

A Iにとって変わられる危機が

生まれます。

AI社会を甘く見ない事ですよ。

それを人間は、

どう乗り越えてゆくか。  

   ○○○

A I社会を超えうる為には、

人間とは何か、どう生きるかの

哲学を考察していないと、 

アッ言う間にA Iの奴隷になってしまうよ。

つまり解決手段をA Iに依存してしまう世の中になりかねない。

そうではなく、自分で考えるんだよ。

自分は人間としてどう生きるか。

この<人間として>ってところが大事なんだね。

なぜなら、時として人間は、動物以下にもなりうるからね…トホホ!

動物は自分の欲のドメインを心得ているが、

人間は、始末が悪いくらい欲深に陥るからね。

そこの哲学が必要だと思います。 

大事なことは、

●考えるという事です。  

常に考える。

もう一度ギリシャ哲学、

ソクラテス師の世界へ戻って考える。

「汝自身を知れ」そして

「無知の知」

「善く生きる」

これが基本だね。

A Iは便宜的な手段に過ぎない。

人間は今こそ、

人間たる人間になる時がくる。

科学と哲学、思想を弁証法的に止揚して、

国家を超えて、宗教を超えて、

もう一度、

どのように生きたら人間が幸せになるか、

考える時代です。

私としては、

今の愚かしい戦争や対立を克服し、

いわゆる20世紀の残骸を

この世紀の残り78年を懸けて解決し、

世界をどう新しいデモクラティックな世界に作り上げるかを

皆んなで考えてほしいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

作家。映画プロデューサー
書籍
「原色の女: もうひとつの『智恵子抄』」
「拝啓 宮澤賢治さま: 不安の中のあなたへ」
映画
「どこかに美しい村はないか~幻想の村遠野・児玉房子ガラス絵の世界より~」

コメント

コメントする

目次