MENU

田下憲雄のメッセージ●遠野に自然栽培の産業村が現る⁈

遠野の<勘六縁>から新米が届きました。ササニシキです。

さっそく食べました。

めっちゃ美味しゅうございました。 

今年は不作だったようですが、

全く肥料も農薬も使わない自然栽培ですから、今10年めだとしても、

まだまだ菊池夫妻と大自然との戦いが続くでしょう。

30年を視野に入れての菊池夫妻の 稲作です。

これからも、コツコツと経験値を積み上げていかれると思います。

さて、私の頭の中にはこの国の未来イメージが浮かんでいるのですが、

どちらかと言うと、悲観的なものが多く、それを書くと、みなさんが落ちこむと思いますので、

希望的に見えている事を書いてみます。

ひとつは、この<勘六縁>をはじめ、農業を中心にした

⭕️地域産業の成功です。 

もう何度も書いていますが、AIテクノロジーによる農業もどんどん進化する一方、その対極に、陽佑君達の

自然栽培の農業も着実に成長すると思います。

本当は、陽佑氏と憲雄氏とを会わせたかったのですが、今となっては残念です。

憲雄氏が言っていたのは、

日本は、どうしても、起業した者が

職人的に自分の事業を追求する事には長けているが、

それが長期に渡って持続していく為の戦略的な広がりやスケールを持つ者が、

なかなかいない。

だからどうしても、その個人の事業で終わるか、

或いは一代か、二代めで終わり、いわゆる個人レベルのところで限界がくる。

※日本人は、根本的に、⭕️産業という事の本質が分かっていないのです。

だから、

その個人は優れているが、それが地域で広がり、

⭕️着実に産業化させる事ができない。

それが産業として台頭し、着実に根を張り、着実な産業として持続的な生産性をあげていく為には、

⭕️リーダーの度量(スケール)が、

必要である。

日本には、職人的に極めていく人は何人もいるが、

リーダーとしての構想とスケールを持つ人は、なかなかいない。

産業として台頭していくには

個人ではなく、

その地域で、

ある⭕️塊になって台頭する事が必須である。

だからリーダーは、

多様性を許容する度量をもち、

同じ志をもつ人々を

⭕️同心円的に包括しながら、

自分も皆んなをも引き連れてゆく度量が必要である。

もっとひらたく言うと、

⭕️<勘六縁>を中心に小友地区で、

自然栽培の産業村をつくれ、

ということらしい。

そして私は、陽佑氏からこの事業は30年のスパンで考えていると聞いた。

また、小友地区の30パーセントを

自然栽培の稲作にしたいビジョンも聞きました。

まさに、その通りで、この長期ビジョンと目標こそが、大切なことなのです。

物事は、一朝一夕にはいかない。

そのことを熟知した上で、

何十年かを射程におき、

知識と経験を積み上げていくなかでこそ、

ことが成就していく。

遠野の小友に、自然栽培に特化した村が現れる。

これこそ、未来の成功モデルであり、

私に見えている「どこかにある美しい村」なのだ。

そして私はもう一つ「美しい村」になりそうな地域を見つけた。

それは次回書きます。

かにある美しい村」なのだ。

そして私はもう一つ「美しい村」になりそうな地域を見つけた。

それは次回書きます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

作家。映画プロデューサー
書籍
「原色の女: もうひとつの『智恵子抄』」
「拝啓 宮澤賢治さま: 不安の中のあなたへ」
映画
「どこかに美しい村はないか~幻想の村遠野・児玉房子ガラス絵の世界より~」

コメント

コメントする

目次