MENU

芸術生活その4、昆布が大事!

昆布と椎茸と鰹節で出汁を取ります。

中でも昆布は大事!

煮物をする時も西洋料理の時も、

昆布を鍋底に入れて煮ます。

ある時、椎茸と鶏ももで、そのまま煮たら、なんか美味しくない。

そこで昆布を入れたら、あっと言う間に深い旨味がでました。

海底でユラユラゆれてる揺れてるこの草が、

こんなに旨みを溜め込んでいるなんて、

それに気づいた日本人の味覚も素晴らしいね。

日本料理の繊細な味は、この昆布の上品で柔らかい旨みの、

おかげなんだね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

作家。映画プロデューサー
書籍
「原色の女: もうひとつの『智恵子抄』」
「拝啓 宮澤賢治さま: 不安の中のあなたへ」
映画
「どこかに美しい村はないか~幻想の村遠野・児玉房子ガラス絵の世界より~」

コメント

コメントする

目次