MENU

野尻満夫さんを悼む!誰よりもインテージ人でありました。

インテージ常務であった野尻さんが亡くなられました。

私は野尻さんの人柄が大好きで、

憲雄氏も私も大変お世話になりました。

本当は野尻さんに、憲雄氏の事をご報告に行こうと思っていた矢先であり、

突然の訃報にビックリいたしました。

野尻さんは、銀行から来られたのですが、 

野尻さんほどインテージデモクラシーを理解し、

インテージを愛し、

インテージの人間より、インテージらしかった人はいません。

※インテージデモクラシーは、私が作った造語です。

野尻さんは銀行から来られ、

まだまだ発展途上の社会調査研究所(のちのインテージ)の放漫経営を

スリム化する為の人員整理などの

大変厳しい仕事を請け負ってくださいました。

先日弔問に行き、その慰霊に心からの感謝をお伝えしました。

その時、奥様からお聞きしたところによると、

当時銀行からは、大変な会社に行くことになると、言われたそうです 

実際に行くと、まさに手がつけられないほど負債を抱え、 

経営はどんぶり勘定という、

大変な状況であったらしい。

その中で、メスをふるい、

「人切り野尻」と言われていたと、奥様には、

苦笑されていたらしいです。

家に帰りその話を憲雄にしましたら、

野尻さんは、頑張ってない人には厳しかったけど、

それでもみんなには優しく、

「仏の野尻」とも言われていたよと、

言いました。

おおらかで、豪胆であり、かつ繊細さを持ち合わせた野尻さんでした。

我が家に来られ、お酒を飲みながら

「田下は気がきかねぇからなぁ〜」とおっしゃっていたのをよく覚えています(笑)。

野尻さん、本当にありがとうございました。

◎会社は人である。

人間を一義的に優する、優れたクリエイターでもあった大部社長の元、

「会社は人である」という事を体現しておられたのが、野尻さんです。

その大きな抱擁力がインテージを包み込んでいたと思います。

当時は、権力的志向する人は、

ダサイ人であり、

派閥や取り巻きなどを作る人は、

小物と嘲笑されました。

また、上を忖度する人間も、

部下イジメをする人間に対しても、

厳しい社員の目がありましたよ。

逆に、

インテージデモクラシーともいうべき

自由の思想や雰囲気が

会社内で、イキイキと息づいていました。

それが会社の上から下まで浸透していたように私には見えました。

この大切なインテージデモクラシーは、

今も守られているのでしょうか?

最後に、これも憲雄氏から聞いたことを書いておきます。

あの労働争議の真っ只中の中、憲雄氏達は、

当時の大株主であるエーザイの内藤会長に会いに行ったそうです。

憲雄氏達の話を聞いた内藤会長は、

はっきりと、

「 君らが正しいと思う事をやれ」

と、おっしゃったそうです。 

それは若き戦う社員達へのエールでもありました。

内藤会長も、銀行から来た野尻さんも、

素晴らしいかったです。

優れた会社は、

優れた人達に囲まれ、育てられる。

どうかインテージもそういう会社であり続けて下さい。

野尻さんのご冥福を、祈ります。

※写真は野尻さんの奥様の喜美代さんと私です。私たちはインテージを裏から支えた戦友です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

作家。映画プロデューサー
書籍
「原色の女: もうひとつの『智恵子抄』」
「拝啓 宮澤賢治さま: 不安の中のあなたへ」
映画
「どこかに美しい村はないか~幻想の村遠野・児玉房子ガラス絵の世界より~」

コメント

コメントする

目次