アンデルセンのその小さな愛の世界・・・おまけ!

いつもコメントやイイネをくださる

作曲家の野村朗先生から

ヘッセについてのコメントを頂きました。

ところが私の記憶が曖昧で

他の作品と勘違いし、

それを思い浮かべてご返事を書いてしまいした。

それで

早速教えていただいた「漂白の魂」を読みました。

読みおえて、やはり深い感慨の中に落ちました。

アンデルセンもドストエフスキーもそして

ヘッセも、人間の業の世界をそのまま受け入れて優しいです。

ただヘッセの文章はとても男性的で骨太で格調があり、

理知の秩序が美しいです。

アンデルセンはどこか線が柔らかく女性的で、

ヘッセとは対照的ですね。

ドストエフスキーは口実筆記のためか

とてもドラマティクです。

いずれも、人間の脆弱さに対する

神の視点からの優しいまなざしがあり、

<存在>をそのまま丸ごと包み込み

スケールが大きいです。

ヘッセはアンデルセンが亡くなった2年後の

19世紀末に生まれます。

19世紀は本当に多くの哲人、思想家、文学作家が割拠し、

それぞれが人間を論じています。

そこには存在感溢れ、人間の体温が刻々と伝わるような

重層感があります。

それに比べ現代はなんだか人間も社会も小粒で平板で、

なかなか読みごたえのある文学作品やや思想家に出会えません。

ただね、面白いな~と思ったのは

物語の研究家である佐藤義隆さんによると、

国民的アイドルの「ドラえもん」は、もしかしたら

アンデルセンの童話をヒントに生まれたかもしれない、という事です。

また「ドラえもん」のあのポケットを始め、いろいろなエピソードも

アンデルセンの童話が下敷きにあるものがあるらしいです。

日本の子供たちは、

ドラえもんからいろいろ教えてもらっているのだな~と、

なんだかちょっと安心しました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

作家。映画プロデューサー
書籍
「原色の女: もうひとつの『智恵子抄』」
「拝啓 宮澤賢治さま: 不安の中のあなたへ」
映画
「どこかに美しい村はないか~幻想の村遠野・児玉房子ガラス絵の世界より~」

コメント

コメントする

目次
閉じる