森喜朗爺ちゃんに、ひとこと!!

また、森喜朗の爺ちゃんがなんか言ったらしい。

きっと皆を笑かそうとして、言っちゃんたんだと思うけど。

それでちょっと一言。

実は、人類の発展には、

人間の●おばあちゃんとおばちゃんがものすごく貢献していると、

宇宙物理学者の松井孝典先生が言っておられるよ。

男は死ぬまで性欲に悩まされるけど、閉経後の女、

松井先生のお言葉を借りると、生殖期を過ぎても生き残るメス・・・トホホ・・・苦笑・・・が、

つまりおばちゃんとおばあちゃんという存在がそのお産の経験や子育ての経験を以て

人類の人口増加に貢献したために、現生人類は人間圏を構築できた、と

言うわけです。

どうだ!森喜朗!偉そうにするな、

お前も母ちゃんの腹からでてきたんだろに!!・・・大笑!

ドレミファソラシド チューリップ!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

作家。映画プロデューサー
書籍
「原色の女: もうひとつの『智恵子抄』」
「拝啓 宮澤賢治さま: 不安の中のあなたへ」
映画
「どこかに美しい村はないか~幻想の村遠野・児玉房子ガラス絵の世界より~」

コメント

コメントする

目次
閉じる