二人の画伯!松田正平&永田松蔵!

もう何年、いや何十年前かと思うけど、

私の大好きな画伯松田正平爺ちゃんが、テレビの取材に応じ、

ゴミだらけのアトリエで

「僕はもう、難しいことは嫌なんだ。

ドストエフスキーとかは、もういいんだ」と言いながら

キャンバスの絵の具を、かみそりでゴリゴリはがしていました。

正平画伯の絵は、一度塗った絵の具を剃刀でそぎ落としながら、

独特なマチエールを作り出していく。でも

それがたまらなく、お洒落なのです。

それとやはり同じ山口県宇部の作家、永田松蔵爺ちゃんも

素敵でした。

私が会ったのは、銀座のはずれの奥野ビルの小さなギャラリーで

もう、ヨレヨレの着物と袴をはき、まるで明治の志士のような画伯でした。

その時サムフォールの果物の絵を買いました。

そして後日聞くところによると、新幹線に乗るお金がないので、

深夜バスに乗って帰郷したとのことでした。

もう、おそらくこういうバンカラの骨太の作家は

出てこないかもしれません。

でもね、

この二人ともの絵があか抜けて、

ほんとにモダンでした。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

作家。映画プロデューサー
書籍
「原色の女: もうひとつの『智恵子抄』」
「拝啓 宮澤賢治さま: 不安の中のあなたへ」
映画
「どこかに美しい村はないか~幻想の村遠野・児玉房子ガラス絵の世界より~」

コメント

コメントする

目次
閉じる