MENU

松本人志氏は本当に性加害者か?

私はコンプラとかテンプラとかいうのが大嫌いで、

特にコンプラ正義に凝り固まっている人には近寄らない!

そういう人は頭の中が直情かつ単純だからねー。

前回松本人志は世の中をナメていると書いた。それに芸人失格だとね。

ただその一方で、松本ことまっちゃんを庇う訳ではないが、

彼が本当に性加害者か、という点においては、

大いに?だと思っている。

週刊誌を読んでいないから詳細な状況はわからないが、

そういう芸人が催す飲み会なんて、

下心があるに決まっているだろう、

と思うからねー。

それに参加する女性達だって、

まさか無垢のおボコ娘ならいざ知らず。

なんかお互いに痒い下心なしには

そういう飲み会は成立しない。

そういう海千山千の世界でしょう。

そして、

無理やり犯されそうになり、

どうしても嫌なら、

彼の急所を蹴り上げるって手もあるが、まあ、

そうはいかないこともあるかぁ…笑!

要するに合意があったか,なかったを,裁判で争うなんてことが

私から見れば、なんて不毛で時間の無駄かと思いますがねー。

所詮芸人は、

世の中の落ちこぼれ、笑われてなんぼの、

サイテーのクズがその原点だから、

千鳥の大悟なんか、素晴らしいクズです。

だから今回の場合も、

ひたすら平身低頭,謝って賠償金も払って、挙句の果てに一文なしになるってのも、

見上げた芸人魂だと、私は思うが。

ただ松本氏については、 

彼の誕生パーティに、後輩や周囲の芸人達が何人も集まり、

彼らがこぞって誕生日プレゼントを持って行くと、

以前見た某YouTubeで後輩芸人が言っていた。

その時私はちょっと嫌な気がした。

もし彼が大物,あるいは親分肌の芸人なら、

子分らに貢ぎものなんか要求しないでしょ。

ほんとに大きい人間ならば。

俺の誕生日の為になんかに、

お前らの大切な金を使わないでいいよ、というのが、

筋だと思ったからです。

だからその時、もしかしたらまっちゃんはたいした人間じゃないかもなぁと,チラッと思いました。

それとねー、彼の手先になったスピードワゴンの小沢君。

せっかくNHKの教育チャンネルで、爽やかな俳句を作っていたのに、

お前、そんなチンピラをやっていたのか、とガッカリ!

でもね、よくよく考えたら、

世の中ってそういうもんですよね〜。

逆に,世の中はいくらたっても、

魑魅魍魎の世界だと思い出し、

改めて、

人の世は面白いなぁ〜と、

思いました…笑!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

作家。映画プロデューサー
書籍
「原色の女: もうひとつの『智恵子抄』」
「拝啓 宮澤賢治さま: 不安の中のあなたへ」
映画
「どこかに美しい村はないか~幻想の村遠野・児玉房子ガラス絵の世界より~」

コメント

コメントする

目次