作り手はだれしも解をもっていなくてはならない!その2

例えば韓国の映画監督のイ・チャンドン作「ポエトリーアグネス」の主人公アグネスは<解>を求めて歩き回る。

しかし最後はしっかりと<解>を掴んで映画は終わる。

つまりそこには、映画の進行の中で観客と一緒に考えるイ・チャンドンがいる。

私達に、寄り添っているイ・チャンドンがいる。

そして一緒に出口を探す時、自ずから解=光が見えてくる。

その姿勢は名作「オアシス」や「シークレット・サンシャイン」に於いても同じで、その<解>こそ、

イ・チャンドン氏自身が自分と格闘し、 

更に人間とは何か、社会とは何か、そして生きるとは何か、という命題との葛藤の中から掴んだ、

ある普遍的な<解>であると私は思う。

だからこそら、観客も難解な映画に必死で向き合い<解>を掴もうと格闘する。

「オアシス」は、障害をもち健常な身体的自由を奪われ、

言語すらままならない男女の中に、

実はそれらの不自由さを遥かに超えた無意識の交流がある事を、私達は突きつけられる。

しかし突きつけられた私達は、決して不快になるどころか、むしろ新しい認識を得た喜びがある。

つまり「オアシス」も「シークレット・サンシャイン」も「ポエトリーアグネス」も、

イ・チャンドン監督が、私達観客へくれた贈り物なのです。

難解であるが、しかし複雑に入り組んだパズルを解いてゆくからこそ、

重層な人間の意識の奥にたどり着き、深い感動が湧いてくる。

それは、ベルイマンの「ファニーとアレクサンドル」やダルデンヌ兄弟監督の「ロゼッタ」もそうであったと思う。

残念ながら「解」を持たないまま、観客に、宿題を預けてしまうのは甘えだと私は思う。

甘ったれルナ、ギリギリまでに突き詰めたものをもってこい、と私は思うのです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

作家。映画プロデューサー
書籍
「原色の女: もうひとつの『智恵子抄』」
「拝啓 宮澤賢治さま: 不安の中のあなたへ」
映画
「どこかに美しい村はないか~幻想の村遠野・児玉房子ガラス絵の世界より~」

コメント

コメントする

目次
閉じる