三島由紀夫を調べていたら、三島は太宰が大嫌いだったようだよ・・・笑!

もう9年くらい前だと思うけど、

芥川賞作品を読んでいたら、その中のある文章で、

コイツ無意識のところで、女とはこういうもんだ、という決めつけ(蔑み)があるな、と思った。

それが見えた瞬間から、私にとっては彼は作家失格であり、読むのをやめた。

それをブログで書いたら、ある映画監督から、それは誰ですか?と聞かれ、

彼には実名を教えました。

それまでは、毎年律儀に芥川賞作品を読んでいたが、

それもやめた。

ただ、私はお笑いが大好きで、お笑い芸人を愛しているから、

又吉が芥川賞を取った時は、読みました。

中身は面白かったが、文が稚拙。名詞を動詞のように使っている。

これは、編集者の問題だと思い、知り合いの編集者に聞いたら、

今はもう、優れた編集者がいなくなったそうだ。

だからそういう事にも気づかないらしい。

又吉は、何を勘違いしたか、作家の世界より、芸人の世界の方がよほど面白いし、楽しいのに、

先生さまになっちゃった。

先生方と小難しいことを話すより、

芸人のクズ、ポンコッ、アホとくだらない事を話してた方がよほど楽しいのにさ!

だいたい又吉が錦の旗の如く掲げている作家の太宰なんて、

高校生が読むもんだろうに。

三島由紀夫を調べていたら、三島は太宰が大嫌いだったようだよ。

一回だけ、会いに行った時、貴方が嫌いですと、本人に言っちゃたらしい。

面白いね…笑!

まあ、私は徹底して女としての自分の目と直観で読みます。

だから、みなさんの見解とは、ちょっと違うかも知れませんね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

作家。映画プロデューサー
書籍
「原色の女: もうひとつの『智恵子抄』」
「拝啓 宮澤賢治さま: 不安の中のあなたへ」
映画
「どこかに美しい村はないか~幻想の村遠野・児玉房子ガラス絵の世界より~」

コメント

コメントする

目次
閉じる