この難局をどのように乗り越えるかで、日本政府と日本人がどれほどのものかが見えてくる

昨日は、この難局をどのように乗り越えるかで、

日本政府と日本人がどれほどのものかが見えてくる、と

書きましたがそれについて、もっと詳しく書いてみます。

今回のコロナのことでは、政府が丸投げしてくる政策、緊急事態宣言や、蔓延防止策などが、

ほんとに国民を守ることができるのか否か。いや、本当に守ろうとしているのかどうか。

さらにオリンピックまでやろうとしている中、

それは日本にとって必要なことであるかないかの是非。

さらにワクチンでコロナを乗り越えられるのかどうか。

そこに、この国の政府と国民の現実的な姿が如実に見えてくると思います。

つまり厳しくいうと、日本政府が有能であるか、無能であるか、

日本国民が、賢いか、それとも愚かであるかが、はっきりする、という事です。

だからこそ、いたずらに右往左往せず、

政府に従うのでもなく、反対するのでもなく

●じっと肝を据えて、状況や事態を理性を以て見極める。

そういうことが、今こそ大事だと私は考えます。

今回コロナのことで、政府が丸投げしてくる緊急事態宣言の中、

飲食や観光の事業者及び、付随する事業者たちは、

かなり危ういところまで追い詰められています。

さらにオリンピックを強行することが、

国民にとっては是であるか非であるか。

それによるコロナの蔓延で、逼迫した医療危機が生じないか?

もしそうなった場合、国民が一人でもそれによって犠牲になることを

国民大衆は容認するのか、しないのか。

以前の日本には、国民一人の命は、地球より重いという政治家もいましたが、

今、自分の知らないとこでなら、国民一人が死んでも、かまわないと思うのか、

そういう風潮は,是か非か?

つまり国家の出す方針に従うことで

国民はこの難局を乗り越えられるか、

それともそこから自立して、自分の身や事業を守るかの選択をするのか、が

迫られています。

国民の目からウロコがとれて、しっかり現実をうけとめられるか。

日本と日本人のリアルな現実があり、そ

れを、どうするのかを見極めることで、

はっきり日本と、日本人の問題があぶりだされると、私は考えています。

ともすると国家に幻想を持ち、それに依存している国民の在り方は、

日本という国の未来ビジョンをそれぞれが構築できうるのかどうか。

西洋文化やアジアの文化という国際文化の中で日本丸は翻弄され、

目的地を失い、舵がブレブレにさまよっているように見えます。

私自身の私見をいうと、この国も国民も何か大きなものを失いつつあると思います。

それは、真の意味での現実をどう作りだしていくかの●国民の理想であったり、

●国としての在り方の理想であったり、

国民としての規範やモラルであったり国家として、どうあるべきかのビジョンであったり、

そういうものを、どうも見失いつつあると思うのですが。

日本の中がチリチリ、バラバラになっていく気がします。

戦後の経済優先文化と文明の中、いつの間にか金優先思想がはびこり、

さらに情報文化による情報過多の混乱の中、

国民ひとりひとりが、自分の生活や生き方をちゃんと自立し、担保しなければ、

なんだかこの国の未来は危ういな~と思うのです。

そういう意味で、この1年、コロナとオリンピックをどう乗り切っていくかを、

しっかりと見極めることがとっても重要であると思います。

それによっては、もう国家などあてにせず、自力で生きなければならなくなるかもしれませんね。

そして、それを見極めた上で、自己をどうするか。

おそらく日本国民は必然的に、国家から自立する、ということが問われてくるのではないか、

と思いますが、それができるかどうか?

それはそれでとても大事であり、

そこに人々が気づけば、私は安心して、退場できると思います。

そういう意味では、うちの爺さんが、菅さんのことを課長クラスの能力だと言うのは、

とても冷めて見えていると思いました・・・苦笑!

つまり、彼や政府に依存せず、しっかりと現実を見極めていくことだと思います。

今日は、いよいよ古民家ギャラリー「かぐや」での香本さんの絵画展で、

映画「どこかに美しい村はないか」~幻想の村遠野・児玉房子ガラス絵の世界よりを

上映します。

香本博作品展「遥かなる香本ブルー」

古民家ギャラリーかぐや埼玉県比企郡滑川町福田1560 090-4830-4026

映画上映は2時より 鑑賞料1000円です

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

作家。映画プロデューサー
書籍
「原色の女: もうひとつの『智恵子抄』」
「拝啓 宮澤賢治さま: 不安の中のあなたへ」
映画
「どこかに美しい村はないか~幻想の村遠野・児玉房子ガラス絵の世界より~」

コメント

コメントする

目次
閉じる