優れた人は、言葉も率直で明快です! 

 

◆日本人はアメリカ人やヨーロッパの人たちと違って関節表現を好み、

そういう話し方をする。それについてどうか、というご質問をうけました。

確かにそういう人もいますが、それは日本人がそうだというのではなく、

脳の観点からいうと、・日本人でも西欧人でも

◎ 優れた人、仕事ができる人は皆、言葉を濁さず、明瞭、明確に言葉を吐くのです。

さらに 責任をもって言葉を吐くときはより直接的な表現になります。

すなわち、脳が整理されていくと、脳の中が明瞭になり、簡潔になりますから、

脳は最も本質的、かつ的確な言葉を選び話すようになります。

勿論ボキャブラリーも豊富でしょう。

また優れた人は、自他の分離が出来ており、

知性が高くなると、主観と客観の関係性が、よく見えてきますから、

効果的で、相手が受け取りやすい言葉、すぐ理解できるような、言葉を吐いていきます。

反対に脳が整理されておらず、明瞭でない人は、曖昧で、不明瞭な話し方をします。

さらに・自他の分離が出来ていない人は、自分の思いこみで話してしまいます。

つまり自分の言葉に責任を持ちたくない人は、言葉をぼかし、

自分の言葉の言質をとられないように話します。

そういう人は、そういう事ばかりに神経を使い、そういう脳になってしまうのです。

こういう人は仕事ができない人です。

そのいい例が、菅総理の記者会見です。

彼は自分の言葉の言質をとられ、後で責任を追及されないように言葉をボカします。

責任を取ることを恐れ、間接的な言葉しか使いません。

だからそれを聞いている国民は、いつも不全感に陥ります。

そして事態はいっこうに改良されないのです。

つまり菅さんは、優れていないのです。

反対に警戒心が強いので、狡さについては、優れている・・・・苦笑!

つまり彼の脳はリーダーとしての脳ではないのです。

反対に私の周囲にいる・優れた人たちは皆、明快に言葉を吐きます。

それは相手を信頼して、率直な関係こそが、何事もうまくいく、ということを

熟知しているからです。

腹の探り合いをしたり、ほのめかしたり、匂わせたり、しないのです。

また、空気を読む、といのも、その人の深層心理にあるのは自己防衛です。

ういう、周辺ばかりをうろうろして人生を浪費します・・・苦笑!

日本人だろうが、西欧人だろうが、アジア人だろうが、

優れた人々の脳は、明快、明瞭、率直そして、正直なのだと、思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

作家。映画プロデューサー
書籍
「原色の女: もうひとつの『智恵子抄』」
「拝啓 宮澤賢治さま: 不安の中のあなたへ」
映画
「どこかに美しい村はないか~幻想の村遠野・児玉房子ガラス絵の世界より~」

コメント

コメントする

目次
閉じる