子供が子供を刺す社会、大人は何処へ行こうとしているのか。

子供が子供を刺す、子供が、まだ子供なのに自殺する社会。

私たち大人は子供に何を教えたか。

私たちは大人は何を求め、

何をしたいのか。

この国に何が起き、どこでボタンをかけ間違えたか。

私たちはどこへ行こうとしているのか。

目先のことばかりではなく、

目の前のことしか見るのではなく、

大きな視野で、

人間の未来をみつめ、探し、

人間の幸福とはなにか、について、

大人が考え、大人がビジョンをもたなければならない。

まずは、その一歩をひとりひとりが考えなければならない。

私達はどこへ行こうとしているのか。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

作家。映画プロデューサー
書籍
「原色の女: もうひとつの『智恵子抄』」
「拝啓 宮澤賢治さま: 不安の中のあなたへ」
映画
「どこかに美しい村はないか~幻想の村遠野・児玉房子ガラス絵の世界より~」

コメント

コメントする

目次
閉じる