子供が子供を刺す・・・大人が問われている。

子供が子供を刺す。子供なのに自殺する。

私の子供の頃には子供は子供であり、

こんな事は考えられなかった。

私が高校生の時か、大学生の時かは、思いだせないが、

文藝春秋かなんかの雑誌に、CMに子供を使うという記事が、

一つのセンセーショナルな出来事として掲載されていた。

当時の感覚からすると、子供を商業主義で使うのは、けしからん、というようなものがあり、

私自身も、その写真を見て、これからは、こんな事が罷り通るのかと、

嫌な予感がしたのをしっかり覚えている。

いつから子供が殺人や自殺をする時代になったのか。

子供は無邪気に子供らしく、という時代は終わったのであろうか。

なんだか時代がどんどん薄汚れていく。

しかしそうは言っておられない。

子供たちのためにも

何とかしないと、

大人が問われている。

母、藤井幸の作品です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

作家。映画プロデューサー
書籍
「原色の女: もうひとつの『智恵子抄』」
「拝啓 宮澤賢治さま: 不安の中のあなたへ」
映画
「どこかに美しい村はないか~幻想の村遠野・児玉房子ガラス絵の世界より~」

コメント

コメントする

目次
閉じる