◆「ドクター✕」と「半沢直樹」その1演技力はないけれど!

演技力が全然ない女優だけど、それはそれで良い、というのが

「ドクター✕」大門美知子の米倉涼子さんと「科捜研の女」榊真理子の沢口靖子さん。

最近頭をリラックスさせ、暇潰しのために

「ドクター✕」と「半沢直樹」を見直している。

「ドクター✕」の大門美知子さん役の米倉さんも「科捜研の女」の沢口さんも

二人とも生活臭がしてこない。しかし

このドラマはそれがいいのである。

さらに申し訳ないが、彼女たちの演技は無機的で

主人公の内面がほとんど皆無に見えてこない…苦笑!

しかしそれがいいのである。

反対にこの二つドラマの主人公を演技派の女優が

リアリティーある演技を発揮したらもう

ドラマがギラギラになり、

見るのが嫌になっちゃうと、思います。

大門美知子は手術(オペ)のことしか頭になく、それ以外はアホで、

台詞はいつもルーチン。

しかし組織に属さず、権威に屈さず、その言動は

胸がスカッとする。つまり

大門さんの演技はそれだけでいいのです。

あとは西田敏行演じるクズの院長比留間重勝と

その取り巻きの俳優たちの演技が十分カヴァーして、

視聴者を満たしてくれる。

特に西田敏行の絶妙なアドリブ演技で、

いつも吹きだしてしまいますからね。

同じように「科捜研」の榊真理子も「科学捜査」で頭がいっぱい。

しかし榊真理子の沢口さんは、米倉さんと違い気品がある。

科学捜査の魅力と、沢口さんの気品を軸に、

丁度いい感じの見やすいドラマになっている。

もし、榊真理子を熟練の女優が演じたら、重すぎてみていられない思います。

NHKBSドラマの「子吉の女房」でも、

清々しい沢口さんの一本調子の台詞と演技で…苦笑、

でも彼女の美しさが

古田新太さんの、つよい演技と顔との灰汁を

中和してくれましたから・・・トホホ!・・・笑!

現実生活で少々くたびれて、一息つくためにテレビドラマを見る。

演技が下手するぎると、イライラするし、

ドラマの内容と演技とがハモっていないとウザイくなるし、

まあ、むずかしいけど。

そこは、プロデューサーと脚本家、および演出の腕と頭脳でしょう。

一仕事終え、家事も終え、昼寝しながら、ドクターX、と科捜研を見る。

まあ、いつもお世話になっております。

感謝!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

作家。映画プロデューサー
書籍
「原色の女: もうひとつの『智恵子抄』」
「拝啓 宮澤賢治さま: 不安の中のあなたへ」
映画
「どこかに美しい村はないか~幻想の村遠野・児玉房子ガラス絵の世界より~」

コメント

コメントする

目次
閉じる