MENU

ウクライナ戦争、ほんとうにバカげたことです。こんなことで、人が殺されるなんて。

本当にバカげたことです。

こんなことで人が殺さるなんて、あり得ない。

プーチン氏はもう正気の沙汰ではない。

認知症の凶暴性が彼を支配しているとしか思えない。

以下は今朝の新聞(朝日)でのウクライナ国連大使のことばです。

「私たちは、すべてに、目をつぶってきた。 

モルドバの領地が占領され、ジョージアが侵略され 、 

シリアが爆撃されても、北朝鮮を支援しても」

だから今ウクライナで起きていることを「私達全員の過ちの集積」

「国際社会の無責任な自己満足の結果」だと。

ほんとうにそうですね。

どこか、私たちは厄介ことを見ないふりをしてきたかもしれません。

私たちはどこでボタンを掛け違えたのか。

資本主義的経済の繁栄と、グローバル金融経済、高度なテクノノロジー文明と、

そして核抑止というまやかしが、今、今如実に歯を剝きだして、

逆に、見せしめに核爆弾を落とすということが現実化している。

何をどうしたらいいのか、私には分からない。

ただ、本当は私たちは、仲良く生きたいのだ。

もっと慎ましい経済のもとで、穏やかに、

ゆずりあって共に、素朴に、生きることができないのだろうか。

そういう世界を、ひたすら私は、捜す。

      

どこかに美しい村はないか

一日の仕事の終りには一杯の黒麦酒(くろビール)

鍬(くわ)を立てかけ 籠(かご)を置き

男も女も大きなジョッキをかたむける

どこかに美しい街はないか

食べられる実をつけた街路樹が

どこまでも続き すみれいろした夕暮は

若者のやさしいさざめきで満ち満ちる

どこかに美しい人と人との力はないか

同じ時代をともに生きる

したしさとおかしさとそうして怒りが

鋭い力となって たちあらわれる

<茨木のり子 詩 六月より>

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

作家。映画プロデューサー
書籍
「原色の女: もうひとつの『智恵子抄』」
「拝啓 宮澤賢治さま: 不安の中のあなたへ」
映画
「どこかに美しい村はないか~幻想の村遠野・児玉房子ガラス絵の世界より~」

コメント

コメントする

目次