MENU

江藤淳著「夏目漱石」全645ページを読み終える。

江藤淳著「夏目漱石」全645ページを読み終える。

漱石の重層なる世界を隅々に渡り掘り下げたその緻密なる評論に、

私は感動した。

それは躍動的な感動ではなく、むしろ抑制の効いた、

深海の水が染み渡るような評論でありました。

漱石の文学には深い暗渠が底に流れている。

この暗渠を理解できない限り、漱石の本質には辿りつけない。

そこに辿りつくには、

自己の内面から反射する鑑識眼を持っていなければ、なかなか難しい。

なぜ「吾輩は猫である」や、「坊ちゃん」がユーモラスで痛快なのか、

そして「三四郎」はなぜ迷える子羊なのか、

どうして大介は門を叩いたのか。

「心」の先生は、

何を終了させようとしたのか。

「行人」一郎はなぜ狂気スレスレまでで追い込まれたのか。

そこには、漱石個人の暗闇と孤立と、そして維新までの日本人の江戸文化のアイデンティティがある。

反対に2年間英国留学した漱石が、発狂といわれながらも目にしたのは、

工業化して病んだ英国の姿と、

資本主義の西洋社会の闇と偏執であった。

それがいかに日本人とは異質であるかに、

漱石だけが覚醒して帰ってきた。

明治の文壇の大概の文化人が無批判に西洋へと流れていく中、

漱石だけが、その安易さと迂闊さに同化しなかった。

坪内逍遥も、二葉亭四迷も、外国に行ったことも無いのに…苦笑!、

ウカウカと西洋讃美と同化の中に、

取り込まれて行っちゃったんだね〜…トホホ!

その安易さと西洋を甘く見た日本の

迂闊さは、後の

太平洋戦争の,敗戦国と被爆と言う結果になった。

そして

今だにまだ日本人は、

それを総括し終えていない。

一方逆に、日本へと回帰した漱石のそれを単純に、東洋というカテゴリーで包みこむのではなく、

むしろ私は普遍的な人間現象の中で捉えようとした。

確かに脳の中のソフト,すなわち動機となる記憶の層は個々人に異なるが、しかし、

それが帰結していく、ある種の普遍性を、漱石は書こうしたのではないかと私は考える。

それは脳がもつアルゴリズムであり、人間の脳が背負う宿命でもある。

かなり高度の読解力を必要とするが

この本を、お勧めします。

特に、日本人は、

西洋人とは全く事なる愛の世界、

すなわち沈黙する愛の世界を持っているのだという事の、

大いなる価値に気づいていただけたら、

嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

作家。映画プロデューサー
書籍
「原色の女: もうひとつの『智恵子抄』」
「拝啓 宮澤賢治さま: 不安の中のあなたへ」
映画
「どこかに美しい村はないか~幻想の村遠野・児玉房子ガラス絵の世界より~」

コメント

コメントする

目次