ワクワクして読んじゃった!その1(古事記)

久しぶりに「古事記」を読みました。

久しぶりだなんて、高校生の時以来かな~笑!

それが面白いのですよ。

日本の神々はなんて人間的なんでしょう。

神でありながら、いろいろと問題を起こすギリシャの神々と

いいとこ勝負かもしれません。

中でも「ヤマトタケル」はいいです。

カッコイイです。

余りに強いので軟弱な父親の景行天皇に疎まれて、

あちこちに遠征征伐に行かされます。

西方クマソの征伐にいったかと思うと、

今度は正反対の東方征伐で信濃までいき、

もうクタクタになります。

東方征伐の帰りの尾張で<ミヤズヒメ>と結婚しますが、

この時うっかり神宝剣<草薙の剣>を彼女のところに

置き忘れてしまいます。

神宝剣<草薙の剣>は父親に疎まれるタケルを憐れんで

叔母である伊勢神宮の斎宮(天皇の妹)<ヤマトヒメ>が

くれたものなのです。

首尾よく東征を果たした後、

尾張から伊吹山の神を打ち取りに行きますが、

そこでは神宝剣<草薙の剣>が無いために負けてしまいます。

そこからはヤマトタケルの衰退がはじまり、

足は曲がり、身体も衰える中、やっと三重について

ボロボロになった身体と心で望郷の歌を詠みました。

それがね~、すてきなんですよ。

皆さんご存知のあの歌です。

『 倭は国のまほろば たたなづく 青垣 山隠れる(やまごもれる)

  倭し 美し(うるわし)』

です。

情景を語る言葉が美しいです。そして品格もあります。

タケルの命(みこと)は猛々しいだけではないのです。

そしてもう一句

『 愛しけやし(あしけやし)吾家の方よ(わぎえのかたよ) 雲居立ち来も 』

訳は、あゝ懐かしい、ふる里の我が家のほうだ、あの雲が湧き起りくる方角は。

更に「あの姫のもとおいてきた剣、あの太刀があったらな~」と詠んで

亡くなります。

なんだか胸がつまります。

古代712年に編集された古事記、

もう面白くてワクワクしました。

<コバノズイナ>の花です。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

作家。映画プロデューサー
書籍
「原色の女: もうひとつの『智恵子抄』」
「拝啓 宮澤賢治さま: 不安の中のあなたへ」
映画
「どこかに美しい村はないか~幻想の村遠野・児玉房子ガラス絵の世界より~」

コメント

コメントする

目次
閉じる