この広々とした川の絵、いいでしょう!

この広々とした川の絵、いいでしょう!

釣り人はひなが一日のんびりと、鮎を釣るのでしょうか。

この絵は河合玉堂の作です。

毎年、暑中見舞いや夏の手紙は、この絵筆ハガキでだします。

だから、毎年夏には、この絵ハガキを買いに青梅に行くのですが、今年は、コロナの為に行けません。

ずっと家に引きこもっているせいか、なんだか心がギスギスしてしまいます。

こう言うおおらかさを取り戻したいなぁ〜と思います。すると心がスッとします。

早くコロナが落ち着いて、玉堂美術館に行けたら、

丹三郎屋敷にも寄って鮎と沢蟹と蕎麦を食べよう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

作家。映画プロデューサー
書籍
「原色の女: もうひとつの『智恵子抄』」
「拝啓 宮澤賢治さま: 不安の中のあなたへ」
映画
「どこかに美しい村はないか~幻想の村遠野・児玉房子ガラス絵の世界より~」

コメント

コメントする

目次
閉じる