MENU

希望を探している。

希望を探している。

このところ頭の中はそのことでいっぱいで

希望を探してぐるぐる廻っている。

希望とはコロナのことを含めて、この先

人間はどのように生きたらいいか、というその

糸口を見つけたいのである。

もしかしたら時代はこのままAIテクノジーのベルトコンベヤーに

乗せられていくかもしれないし、

しかし何かの偶有性や人々の覚醒により、

それとは違う、誰もが思いもしなかったように進むかもしれない。

いずれにしろ、

いったい希望はどこにあるのか。

人間はどうなるのかを、まるで母親のように私は危惧しているのだ。

そんな中で一粒の麦のような君島青年の地域の自然を引き継ぎ、

「変化の時代だけど

 僕たちは、未来に何を残したいのか?何を失いたくないのか?

 考えて動いていきます。」

という生き方、になにかホッとするのである。

私たちが確かに持つているものは、

この大地であり、山や海の、この自然であり、それ以外は

人間が人工的に作り上げたものでしかなく

それは確かではなく、むしろ

刻々と消費されていく危ういものでもある。

まだ頭の中はぐるぐる廻っている。

なにか、たしかなものを掴みたいだ。

ここだ、ここに、人間の確かな礎を築きたい、というものを

しっかり掴み、確信してから、私はこの世から去りたいと

希望を探している。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

作家。映画プロデューサー
書籍
「原色の女: もうひとつの『智恵子抄』」
「拝啓 宮澤賢治さま: 不安の中のあなたへ」
映画
「どこかに美しい村はないか~幻想の村遠野・児玉房子ガラス絵の世界より~」

コメント

コメントする

目次
閉じる