MENU

その青年を私はFacebookの中で見つけた!

その青年を私はフェイスブックの中で見つけた。が、

彼は自家用の米や野菜を作っているが、販売しているわけではない。

彼がFBに載せる記事を読みながら、

彼の頭の中に<村の構想>がある、と私は直感したのだ。

勿論、と言うか、もしかしたら

彼自身は、そういう自分の構想に気づいておられないかも、知れない。

ただ私は彼の文を読みながら、

彼はただ単にもの作りや販売をするだけではなく、

理想の村をイメージしているな、と思ったのである。

彼とは、栃木県の茂木町で、小さな宿屋とパン屋をやりながら米づくりをしている青年、

君島佳弘氏である。

彼の頭の中には、自分だけではなくもっと広い空間イメージ、つまり、

彼の住む村の再生イメージがあると、直感した。

しかし、謙虚な彼は決してそれを口にしない。

ただ、彼の記事を読みながら、

私の頭(脳)が、彼の(脳)に反応したのだ。

私はさっそく彼を尋ねてその小さな宿屋に泊まった。

その時の彼の行動も、まさに私の直感通りの反応をした。

彼は夕食の時に、自分の仲間たちを

同席させても良いかを私に打診し、

夕食事には彼の仲間三人が来てくださった。

それぞれが農業のこころざしを持った、気持ちのいい青年たちでありました。

私が何を言いたいか、というと、

その人の中に、今回は君島青年だが、

その脳のビジョンの中に、

自分個人だけではなく、

⭕️他者も含めた空間ビジョンがあるかどうかが大切なのです。

そういうスケールや包容力があるかが大切なのですよ。

それがあるかどうかが、

これからの彼の事業展開に大きく作用してくる。

君島青年の脳の中には、

おそらく彼が住む地域全体を対象にしたイメージの芽があると、

私は直感している。

すでにその時同席してくれた大学生の山田智貴君は、卒業後農業に取り組んでいる。

山田君の脳の中にも個人を超えた空間イメージが有ると私は思う。

おそらく日本の津々浦々にはもうすでに、

こういうスケール感を持った青年たちの芽が生えて来ているのではないか、と

私は思う。

その時、彼らがどういう展開をしていくかどうか。

まずは⭕️個人の事業の成功をし、

それをバネにして、

小さく纏まらず、単なる個人の展開に納まらず、

⭕️10年くらい経験を経た後に、

確実なる産業へと

⭕️産業設計をしてほしいと願っています。

君島青年のところへ私は、それを伝えに行ったのだが、

もしかしたらまだ、ピンと来てないかもしれないね…笑!

しつこく書くが、どうしても日本人は、個人としての成功は、各地に

点在するが、

それが産業へのスケールを持たない。

いわゆる個人の奇特な成功、職人的成功で、止まってしまう。

憲雄氏は、そこには

おおいなる⭕️経営者としての理念とビジョンが、

欠けているからだと、

言っていた。

ぜひ、経営を勉強し、

日本のあちこちで農業の再生と産業設計をして欲しいと私は願う。

きっと未来は、

日本のあちこちで

「どこかに美しい村」が現れるとことを、

私は確信している。

それが私の希望です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

作家。映画プロデューサー
書籍
「原色の女: もうひとつの『智恵子抄』」
「拝啓 宮澤賢治さま: 不安の中のあなたへ」
映画
「どこかに美しい村はないか~幻想の村遠野・児玉房子ガラス絵の世界より~」

コメント

コメントする

目次