世の中は世の人に任せ、しばし隠棲し、読書と文筆に没頭しようと思います。

おはようございます。
外は滝のような雨が降っています。
地方各地は大丈夫かな~・・。

昨日も書きましたが、
少しばかり世の中のことで疲れましたので・・・苦笑
世の中は世の人に任せ、
しばし隠棲し、
読書と文筆に没頭しようと思います。

まずは二冊の本の読書と考察から。

●一冊めは「能から紐解く日本史」 
大倉源次郎(能楽小鼓方大倉流十六世宗家)扶桑社

「能」のことを勉強するつもりで読みはじめたら、
以外に以外、

日本の稲作(米づくり)の歴史が書いてありました。
つまり日本の文化は米作りなくしては
ありえない、という事です。

今、能勢監督が映画「どこかに美しい村はないか」の続編として
「米」についての映画を撮っていますから、

その資料としても、この本から考察、抜粋して
少し、書いておいてあげようか、と思います。

●二冊目は「サピエンスの未来」~伝説の東大講義~立花隆 
             講談社現代新書

私は、人間のこと、世界のことを考察するとき、いつも

立花さんの実証世界を参考として、

自分の認識と理解の方向性に間違いはないかを、確認してきました。

この本は立花さんの最終出版のものです。

昨日30ページ余、読んだだけで、ワクワクしました。

一冊め本はもうすでに二回目の読書に入っていますので、

あと少しで書き始めます。

読んで下さる方は、文は長いし、時々何をかいておるのか

分からん、という事も有るかと思いますが、

もし、よかったら読んで下さい。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

作家。映画プロデューサー
書籍
「原色の女: もうひとつの『智恵子抄』」
「拝啓 宮澤賢治さま: 不安の中のあなたへ」
映画
「どこかに美しい村はないか~幻想の村遠野・児玉房子ガラス絵の世界より~」

コメント

コメントする

目次
閉じる